2010年03月04日

マテ茶とは? 効能は? 味は?

マテ茶とは、南米を原産とするマテの葉や小枝から
作られたお茶(ハーブティー)で、南米では古くから
親しまれてきました。

コーヒー、紅茶と並んで世界三大飲料の一つに数えられています。

鉄分やビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で
「飲むサラダ」ともいわれています。

他の嗜好飲料と含有成分を比較すると、
葉緑素、鉄分、カルシウム、カリウムが多く
鉄と化合して腸内吸収を妨げるタンニンやカフェイン
のような刺激性のアルカロイドが少ないです。


マテ茶の効能
疲れをとる
滋養強壮
集中力を高める
食欲を押さえる(ダイエットにも効果的)
利尿作用を高める(体内の浄化作用が促進される)
生活習慣病の予防
血液の環境をよくする
注意力や考えをまとめる力などを活発にする。
抗酸化作用(病気から守る、老化防止)
肝機能を守る
筋肉のなかに乳酸が増えるのを遅くする(強壮剤としての効果)

南米の人々は肉の摂取量が多いにも関わらず、
高コレステロールやメタボリックシンドロームの人が
少ないのは、日常的にマテ茶を飲んでいるためと言われ、
その効能は科学的にも実証されています


マテ茶の味
私が飲んだ“ロースト(焙煎されたマテ茶)”の味の感想は、
お茶と紅茶の間ぐらいの味で、美味しかったです。
おすすめは、ミルクと混ぜて飲む“マテラテ”です。


有機マテ茶・マテ茶青汁


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マテ茶は、南米を原産とするイェルバ・マテの葉や小枝を乾燥させた茶葉に、水または湯を注ぎ成分を浸出した飲料である(地域によってはイェルバ・マテを使わなくても乾燥茶葉に水や湯を注いだ飲料を一般にマテと呼ぶこともある)。

ビタミンやミネラルの含有量が極めて高く、飲むサラダとも言われている。このため、コーヒーや茶と同様の嗜好品ではあるが、単なる嗜好品の枠を超えて、野菜の栽培が困難な南米の一部の地域では重要な栄養摂取源の一つとなっている。

日本茶に緑茶とほうじ茶があるように、マテ茶の茶葉にもグリーン(緑茶)とローストしたものがある。味わいはグリーンの場合、多少の青臭みと強い苦味を持つ。ローストは焙煎により青臭みが消え、香ばしい風味が付加される。ローストした茶葉は水出し用に利用されることが多い。

目次 [非表示]
1 飲み方
2 茶器
3 イェルバ・マテ
4 関連項目
5 外部リンク


飲み方 [編集]
伝統的な飲み方は茶器に容量の1/2ないし3/4程度の茶葉を直接入れ、水または摂氏70〜80度程度のお湯を注ぐ。ここに先端に茶漉しがついた専用のストローを差し込み抽出液を飲む。容器はヒョウタン製のものはマテ、クイアまたはポロンゴなどといい、木製や角製のものはグァンパ(グァンポ)と呼ばれる。またストローはボンビーリャと呼ばれる金属製で先端が膨らみ、茶葉を漉しとるための無数の小穴が開いている。

近年では、ティーポットで淹れて抽出液のみをカップに注いで飲む場合も多い。ティーバッグも普及している。しかし、マテ茶の淹れ方としては伝統的な方法が最も理にかなっている。ボンビーリャで飲む場合、細かい茶葉を漉しきれずに抽出液と一緒に口に入ってくる。このため茶葉の一部を食べることになり、マテ茶の栄養成分を最も効率よく取り込むことが可能となっている。湯は摂氏90度より熱いと金属製のストローでは唇が熱くてとても飲むことは出来ない。

気温が高い地域では水出しでマテ茶を飲むことが多く、パラグアイではマテ茶に薬草やハーブを混ぜて水出ししたテレレと呼ばれる飲み方が一般的である(単に「マテ茶」というと暖かいものを指し、テレレと区別している人もいる)。

茶葉に湯を注ぎそのまま飲むのが伝統的な方法であるが、現地でも砂糖を入れ甘みを加える飲み方が一般的になっている。また、スパイスや薬草・ハーブ等を混ぜて風味を変えたり、牛乳を加えたりした飲み方も広く行われている。

パラグアイ・アルゼンチン・ウルグアイ・ブラジル南部では、一組の茶器を使い複数人がマテ茶を回し飲みする習慣がある。ホスト役が茶器とボンビーリャを使いマテ茶をたて、一煎めは自分で飲む。二煎目からは順番に参加者に回していき、各人が満足するまで何杯でも回し続ける。客はホストから茶器を受け取り自分ですべて飲んでホストに返す。客から別の客に直接茶器を渡すことはせず、受け取った茶は自分ですべて飲みきりホストに返すのが作法である。茶器をホストに返すときにGracias(ありがとう)と言うと「もう満足しました」という意味になるので次からは自分に茶は回ってこない。客から茶器を戻されたホストは湯を注ぎ、場合によってはボンビーリャの差している位置を調整したり茶葉を追加したりして味を調えた上で次の客に渡す。ボンビーリャの位置を動かすと茶漉し部分が目詰まりしたり、味の濃さが変化したりするので、客は勝手にボンビーリャを動かしてはならない。

茶器 [編集]
アルゼンチン・ウルグアイ・ブラジル南部では伝統的な茶器は、ひょうたんで出来ている。マテとは、現地の言葉でひょうたんを意味し、マテ茶の名前はこのカップに由来する。ひょうたん以外では牛の角や、パロサントという木で作られたものが一般的である。茶器の表面や補強のために付けられる口金、すわりを良くする為の台座には彫刻・彫金などの意匠が施される場合が多く工芸品的な美しさを持っている。茶器は陶器やガラス製のものも使われるが、多孔質の天然材料製でしばらく使った茶器でないと本来の味は出ないとされる。

ボンビーリャの材料は古くは葦などの植物の茎を利用したが、現在は金属(銀・洋銀・ステンレスなど)のものがほとんどである。

アルゼンチン・ウルグアイで使われる茶器はひょうたんの実の先端の膨らんだ部分を使い、補強された口は狭くなっているため、ボンビーリャの先の茶漉し部分は細長い。ブラジル南部で使われるそれはひょうたんの実の膨らんだ部分で切ってあり、その部分を口にするため、専用の架台なしでは立てることが出来ない。またパラグアイで使われる茶器は牛角製にしろ木製にしろ口が広い。そのためパラグアイやブラジルで購入したボンビーリャはアルゼンチン製の茶器にはほとんど使えない。

イェルバ・マテ [編集]
イェルバ・マテ

イェルバ・マテ
分類
界 : 植物界 Plantae
門 : 被子植物門 Magnoliophyta
綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida
目 : モチノキ目 Aquifoliales
科 : モチノキ科 Aquifoliaceae
属 : モチノキ属 Ilex
種 : イェルバ・マテ

学名
Ilex paraguariensis A. St. Hil.
和名
マテ
英名
Yerba mate
ブラジル、パラグアイ、アルゼンチンにまたがるイグアスの滝周辺を原産とするモチノキ科の常緑喬木で、学名は Ilex paraguariensis(イレクス・パラグアリエンシス)という。

少量のカフェインとアルカロイドの一種とされるマテインを含んでいる。

摘み取った葉と小枝は、直ぐに火入れを行って葉に含まれている酸化酵素を不活性化させる。その後、熱風で乾燥させ、適度な大きさに破砕して1年間ほど熟成させた後に製品として出荷される。


参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%86%E8%8C%B6

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タグ: 効能 マテ茶

posted by ミルメメ at 00:06 | Comment(0) |  ・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。