2012年01月02日

オリートバナナ(ミニバナナ)の食べ頃は?

スーパーマーケットで、『オリートバナナ』 というミニバナナを買ったのですが、青いバナナでした。

この青さは、そういう品種なのか、それともただ熟れていないだけなのか分からなかったので、調べてみました。


「オリートバナナ 食べ頃」 で検索してみても、特にいつが食べ頃なのかは書かれておらず、ふうつのバナナと同じように、黄色く自分の好みな感じに熟れたら食べ頃なのでしょう。

ついでに、『オリートバナナ』 の特徴についても書いておきます。


【オリートバナナの特徴】

オリートバナナは、小さな農園で家族の手によって丁寧に育てられます。

オリートバナナの農園は、原生林の中にありその中でで育ちます。

繊細なバナナの食味そのままに、濃厚でトロピカルな甘さがたっぷり味わえます。 (参照:丸夕田中青果加工株式会社


糖度約25度前後(一般的なバナナの19度程度)

オリートバナナの皮は、他のバナナに比べてとっても薄くてデリケートなので、食べる時には果肉を傷つけないように注意しましょう。


↓ 栽培できるミニバナナもあるんですね。



posted by ミルメメ at 16:02 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

コーヒーと健康 <便秘との関係>

「コーヒーを飲むと便秘になる」 というのは、誤解だそうです。

この誤解を生んだ犯人はタンニンという成分です。
タンニンは、収斂(しゅうれん)作用を持っており、大量に摂取すると便秘を起こすとされています。
その証拠に、下痢止めとして古くから用いられてきた植物 「ゲンノショウコ」 の葉には、タンニンが20%と豊富に含まれています。
しかし、コーヒーに含まれているのは、じつはタンニンそのものではなく、クロロゲン酸という成分です。
ポリフェノールの一種で、たしかにタンニンとよく似たはたらきをしますが、コーヒーには4〜5%と少ししか含まれていません。
しかも焙煎すると、その多くが分解されてしまいます。
したがって、よほどがぶ飲みでもしない限り、便秘の心配はないそうです。(参照:healthクリック)


⇒ 続きを読む
posted by ミルメメ at 16:02 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

桃の食べ頃って どうすれば分かるの?


枝の付いていた辺りの実の部分に、そっと指を当てて、やわらかさが感じられれば食べごろ。

枝の付いていたところまで、色が回っていれば食べごろ。

常温に置いておき、食べる2〜3時間前に冷やすのが美味しい食べ方。
(冷蔵庫で冷やしすぎると、甘みが落ちてしまう。)


⇒ 続きを読む
posted by ミルメメ at 22:22 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

旬の野菜は栄養豊富 夏が旬の野菜 野菜の選び方

野菜は、旬の時期に食べるのが美味しくて、栄養が豊富なのでおすすめです。

<夏が旬の野菜の一覧>
・トマト
・レタス
・ナス
・キュウリ
・ピーマン
・枝豆
・スイートコーン
・じゃがいも (北海道は秋が旬ですが、静岡や長崎では今が旬です。)
・アスパラガス
・ごぼう
   etc...


⇒ 続きを読む
posted by ミルメメ at 14:30 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

【じゃがいも】 長く保存する方法は?

最近、テレビCMのゲームのコマーシャルで、「じゃがいもを長く保存する方法は?」 という問題が流れていました。
3択問題だったのですが、正しい正解が分からず、気になったので調べてみました。

しかし、サイトによって書いていることが違いました。
共通していたのは、湿気を嫌うということでしょうか。


⇒ 続きを読む
タグ:保存

posted by ミルメメ at 15:23 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。